鯖江市舟津町5丁目。付近は古くから「白鬼女の渡し」と呼ばれ、江戸時代には交通の要所として川舟でにぎわった。1910年ごろ、誰もが自由に渡れる「白鬼女橋」が誕生した。

関連記事
あわせて読みたい