越前の猿楽の歴史は古く、有名な面打(めんうち)家を輩出。後に江戸幕府に仕えた出目家の初代、出目次郎左衛門満照(みつてる)は府中下市北市(現在の越前市神明町)に在住。4代の満永が江戸に移った。屋敷跡の石碑が残る。

関連記事
あわせて読みたい