境内は広く、若狭国惣田数帳写(1265年)には福谷宮とみえる。社宝として鰐口があり、中世に鋳物師が集住した小浜市金屋で鋳造された遺品として貴重。大飯町福谷宮の前。

関連記事
あわせて読みたい