古来、坂井平野が湿地の多い地だったことから「坂那井(さかなかい)」「坂那井津」と呼ばれ、船筏(いかだ)の出入りする津だったらしい。その後「カナ井ノ津」となり、さらに「カナツ」となって漢字の金津が充てられたという。