越前市真柄町徳間に在住していたとされ、戦国時代の越前守護、朝倉義景の家臣。日本の歴史の中でも最も大きな太刀の使い手として知られ、浅井・朝倉と織田・徳川による姉川の戦いで戦死した。