加越国境の大日岳(越前甲)の原生林を源流として流れ出した水が、しぶきをあげ流れ落ちる勇壮な滝。滝幅2メートル、落差は約20メートル。白布を八反分つないだほどの高さがあることから名がついたと言われる。勝山市横倉。

関連記事
あわせて読みたい