鯖江市尾花町に約400年前から伝わる厄払いの奇習。毎年2月の第1日曜に、地元民が殿上山(標高670メートル)山頂に登り、山頂近くの禅定神社境内で、厄年の人を雪の斜面に放り投げる。

関連記事
あわせて読みたい