鯖江市磯部町。明治10年に磯部村の某氏によって奉納。縦37センチ、横119センチ、材質はヒノキで、県内では数少ない絵付き算額。絵が美しく、保存も良好。連立方程式に関する問題が書かれている。

関連記事
あわせて読みたい