清水町片山。鎌倉時代から戦国時代にあった真言宗寺院。5つの末寺を持ち、清水町史の中で最も大きな寺院。天正2(1574)年、一向一揆(いっき)の際に焼かれ、その後再建されなかった。

関連記事
あわせて読みたい