鯖江市水落町4丁目。神明社拝殿の南面に位置し、切り妻造り瓦ぶきの四脚門。当初はかやぶきだったが、明治19年に瓦ぶきとなった。県内に残る四脚門は少なく、江戸時代初期の建築様式を今に伝える貴重な建造物。