常神半島西岸に六浦ありその最南端にある。平安時代に定住が始まり漁業を生業とした。枝村・食見(しきみ)は農林業や製塩を営む。特に良質の塩を産出し、食見塩として知られる。若狭町世久見。

関連記事
あわせて読みたい