大野市本戸。1957年に完成した発電や洪水調整用の県営多目的ダム。堤高76メートル、堤長は215メートルある。3次元解析法を活用した全国最初のダムで、コンクリートには適さないといわれた石灰石を使用した。