1869年、版籍奉還で福井藩主の松平茂昭(もちあき)は華族になったが、家老の本多副元(すけもと)は士族扱い。不満を抱いた家臣、府中町民の間で暴動が。10年後に華族となり決着した。