越前市長選で無投票再選を果たした奈良俊幸氏=11日午後5時40分ごろ、越前市幸町の選挙事務所

 任期満了に伴う越前市長選は11日告示され、現職の奈良俊幸氏(47)=福井県越前市片屋町=が無投票で再選を果たした。

 立候補の受け付けは午前8時半から市生涯学習センターで行われ、午後5時の締め切りまでに奈良氏以外の届け出がなく、無投票当選が決まった。

 奈良氏は午後5時5分すぎ、同市幸町の選挙事務所に到着。県選出国会議員や県内市町長、大勢の支持者に迎えられ、万歳を繰り返した。2期目に当たり、奈良氏はまず「市の厳しい経済雇用情勢を受け止め、積極的に対策の推進を図る」と表明。同時に、環境分野でのものづくり強化、里地里山保全など環境と調和した農業推進、子どもの夢をはぐくむ教育推進に長期的な視点で取り組み「5年、10年先の市の基盤強化することに(2期目)4年間の責任がある」と市政運営への決意を述べた。

 同日朝、同市府中1丁目で行われた出陣式で、奈良氏は支持者を前に第一声を放ち、夕方までに選挙カーで市内を一巡した。

 欠員1の同市議補選も同日告示され、4候補が立ち選挙戦に突入した。18日に投開票される。

関連記事
あわせて読みたい