継体天皇が即位する前、越の国(越前)での王名。跡継ぎのなかった25代、武烈天皇の後507年に抜てきされ即位したとされる。福井市の駅名で残る大土呂の地名は、男大迹王からの由来もある。