江戸幕府が幕府直轄領の越前および白山麓ろくを支配するため、享保6(1721)年に現在の越前市本保町に置いた。敷地は東西110メートル、南北150メートルと推定され、吉野小付近に陣屋跡が残る。

関連記事
あわせて読みたい