近江から熟練工を招き蚊帳織りを開始したのは幕末。その後明治19(1886)年に山本甚右衛門がイギリス麻紡績糸を輸入し安くて美しい蚊帳を製造。武生が蚊帳製造本場の地位を築いた。