坂井市坂井町上大味にある稲荷大明神の祠(ほこら)は、男大迹王(おほとのおう)=継体天皇=の王屋敷だったという伝承。大王がこの地で農業を奨励したとされ、大味の地名は「王見」から由来するという。