村内に、娶(よめ)の機織(はたおり)池がある。関屋村へ嫁いだ娘が機織りの下手さを姑に責められ、機を背負って池に身を投げた。その後、雨ごいの池ともなったという。高浜町蒜畠。

関連記事
あわせて読みたい