初代鯖江藩主。幼名は内蔵助、主馬。享保5(1720)年、兄詮房(あきふさ)から家督を相続したが、越後村上から越前鯖江に所替えを命じられ、石高5万石の藩主になる。城下町形成に尽力した。

関連記事
あわせて読みたい