越前府中時代の医師で、中国古来の吐方(とほう)を復活。大虫の山中で採れた甜瓜(まくわうり)が飲食物を吐きださせるために飲ませる吐剤(とざい)となることを発見、治療に使用した。

関連記事
あわせて読みたい