宝暦11(1761)年に家督を相続し3代鯖江藩主となる。江戸上屋敷の焼失などで財政が厳しくなったため、家臣らに倹約令を出すなど財政改革に努め、窮地を乗り越えた。

関連記事
あわせて読みたい