3代鯖江藩主間部詮央(あきなか)の弟。明和8(1771)年家督を相続し4代鯖江藩主となる。天明のききんの際には、人々に米などのお金として200両を支給し、飢餓から救った。48歳で亡くなった。