江戸中期を代表する国学者、本居宣長のもとに、自分が書いた研究書を持参し訪問した。現在の越前市粟田部生まれ。本居は著作「玉勝間(たまかつま)」の中で「考えもよろしく」と称賛していることで知られる。