1870―1931年。東洋史学者。文学博士。敦賀市生まれ。東京帝大卒業後、大学院に進み、東洋史を専攻した。清国留学から帰国して京都帝大教授。東洋史学の樹立に多大な貢献をした。