1881年、福井県が成立し県会開会の選挙準備のため、南越親睦会が誕生。その後東京での自由党結成を受け、会発起人の内田甚右衛門らが南越自由党を結成した。党員98人で多くは豪農。

関連記事
あわせて読みたい