幕末には高等教育を担う私塾があったが、府中(現越前市)では田中希尹がその代表的な存在だった。豊後(大分県)の人で、府中領主の本多長員(ながかず)が高く評価し厚くもてなした。